日本列島への人類の流入

 

核DNA解析による縄文人の出自

 日本列島に人類がやってきたのはいつなのであろうか。今回、福島県の三貫地貝塚で発掘された人骨から核DNAが解読され、「縄文人はアジアの他の地域の人たちと大きく異なる特徴を持っていた」とわかった。そればかりか、現代の日本人とも予想以上に違いが大きかったと示された。その解読結果をもとに日本列島への縄文人の流入を考えてみよう。

 2016年9月、国立遺伝学研究所などのグループが「縄文人の核ゲノムを初めて解読した」とする論文を専門誌に発表した。この「縄文人」とは、福島県新地町にある三貫地貝塚で発掘された3千年前の人骨である。三貫地貝塚は、昭和20年代に100体以上の人骨が発掘された縄文時代を代表する貝塚である。研究グループは、東京大学に保管されていた人骨・男女2人の奥歯の内側からわずかなDNAを採取し、解析に成功したのである。

 その分析結果をもとに人類の系統樹を表すと次のようになる。

  核DNA解析により判明した人類の系統樹
                         
人類━━━━┳━━━━━━━━━━━━━アフリカ人
      ┃
      ┃ ┏━━━━━━━━━━━ヨーロッパ人
      ┃ ┃
      ┗━┫ ┏━━━━━━━━━パプアニューギニア人
        ┃ ┃
        ┗━┫ ┏━━━━━━━縄文人
          ┃ ┃        ↓12%共通DNAの存在 
          ┗━┫     ┏━日本人
            ┃   ┏━┫
            ┃   ┃ ┗━中国人
            ┃ ┏━┫   
            ┃ ┃ ┗━━━東南アジア人
            ┗━┫
              ┗━━━━━アメリカ先住民

 解読したのは三貫地貝塚の縄文人であるが、縄文時代縄文人同士の交流がかなり活発であったので、DNAの地域格差はかなり少ないものと推定する。現代の日本人と縄文人がDNAで遠く離れており、ほかのアジア人とも大きく離れているので、DNAの突然変異による変化は年数とともに大きくなるので、縄文人が日本列島に流入してから大陸の人類と長く隔絶されていたことを意味している。

Y染色体の遺伝子解析による研究結果

 ハプログループとは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループ(単倍群)の分類である。分化した順にA,B,C,D・・・とTまで分類されており。日本人のみとされているD1bはハプログループDのサブクレード(細分岐)の一つで、3万年ほど前に日本列島で誕生したと考えられている。現在日本人の3割ないし4割がこのグループに属している。この分化の系統を追求することによって、縄文人の日本列島への移動経路が明らかになりつつある。

ハプログループD1bは、日本列島で観察される。日本人の約32%〜39%にみられ、縄文の系統を強く残すアイヌ(88%)、沖縄や奄美大島(56%)である。。ハプログループD1bは、日本で誕生してから3.8-3.7万年ほど経過していると考えられている。
 東アジアの他地域ではD1bの姉妹型D1aがチベット人の最大49%、ヤオ族の30%観察される。D1b系統とこれらの他のハプログループDのサブクレードとは概ね4万年以上の隔絶がある。しかし、その時間的距離にも関わらず、D1a系統は日本列島からも検出されているため日本人と無関係とは言えない。

D1bの分化の過程

 現生人類の誕生後、Y染色体はハプログループAやハプログループBの系統と人類は分化していった。その中でハプログループDEの一塩基多型の変異(いわゆるYAPと言われる痕跡)が、約6.5万年前頃にアフリカ大陸の北東部(現在のスーダンからエチオピア高原の辺り)において生じた。
 ハプログループDEは、ハプログループDやEの親グループで、現生人類としては初めて紅海を渡ってアフリカ大陸を脱出した。アラビア半島の南端から海岸沿いに東北に進みイラン付近に至った。さらにイラン付近からアルタイ山脈付近に北上し、約6万年前頃にアルタイ-チベット近辺でハプログループDEからハプログループDが誕生したと推定されている。
 ハプログループDのうち、東進して日本列島に至り誕生したのがハプログループD1bであり、アルタイ-チベット付近にとどまったグループから誕生した系統がチベット人に高頻度のハプログループD1aであるとされている。アリゾナ大学のマイケル・F・ハマーは「縄文人の祖先は約5万年前には中央アジアにいた集団であり、彼らが東進を続けた結果、約3万年前に北方オホーツクルートで北海道に到着し、日本列島でD1bが誕生した」とする説を唱えた。

 人類の日本列島への流入過程

 この「進化の系統樹」をもとにして縄文人の流入過程を推定するとにすると次のようになる。「ホモ・サピエンス」と呼ばれる現生人類は20万年前にアフリカで誕生し、他の大陸に進出した。14万年前ぐらいにアフリカ大陸を出たと思われる。中国で発見された原生人類の化石(柳江人)の生存時期も少なくとも13.6万年前までさかのぼり、ジャワ島で発見された12.5万年前頃の歯も現生人類のものと推定されている。このことから、14万年前ぐらいの第1回目の出アフリカで、原生人類はかなり広範囲に渡って拡散していた。

 ところが、約11.5万年前からは最後の氷河時代、約9万年前からはウルム氷期の最終氷期が始まった。7万年前には最終氷期の亜氷期が始まり、この時代以降は寒冷で乾燥した気候になったのである。

 海面は現在よりも 100〜130m も低下し、イギリスは大陸と陸続きとなり、ドイツ北部まで氷原が南下。森林地域はイベリア半島や地中海沿岸のわずかな地域だけとなった。東南アジア周辺も陸地化し、スンダランドが誕生し、日本列島もユーラシア大陸と地続きとなる。その上、7万5000〜4000年前にスマトラ島の北部にあるトバ火山の大噴火があった。この噴火による火山の冬で世界の気温は1〜5℃低下し、それが1000年程も続いたとされている。。噴火直後の2〜3年は15℃も低下し北半球で氷雪地帯拡大した。アフリカからインドを超えて東南アジアに進出した現生人類は、このトバ火山の噴火の影響で大量死滅したようである。

 この火山噴火により、アフリカ大陸は徐々に灼熱化し、大旱魃となり、サハラの草原は不毛の砂漠と化し、アフリカは南北に分断された。ヒトの遺伝子の多様性は大型類人猿に比べ驚くほど低い。これは、トバ火山の大噴火により、アフリカに残った人々も、サハラが砂漠化したため動物はもちろん、植物さえ得られなくなり、雑食化で生き延びたが、2000人ほどの絶滅寸前状態に陥った。これが原因で遺伝的な多様性の多くが失われたためと考えられている。

 灼熱化したサハラで2000人ほどの絶滅危惧種になるほど激減した現生人類のある集団があった。彼らは、危機感をいだき、種の維持のために、新天地を求めて、灼熱化したサハラ砂漠から6万年前に第2回目の出アフリカを決行した。この集団が縄文人の先祖であろう。この出アフリカを行ったのはソマリア近辺で、海面は今よりも低く、アフリカとアラビア半島とはここではつながっていた。そして、アラビア半島南端からサバンナ気候で住みやすかった中東へと逃げたと思われる。約6万5000年前のことである。

 中東へ逃げた現生人類は、北方向(ヨーロッパ方面)と東方向(スンダランド方面)に移動し、5万年前までにはアジア〜ヨーロッパに到達した。東方向に移動したグループが中央アジア付近で南北に分かれ、南に行ったグループがスンダランドに達し、オセアニア地方の人々となった。北へ行ったグループはさらに南北に分かれ、この時に北に行ったグループが縄文人となったと思われる。分派は4万年ほど前であろう。南に行ったグループが、東南アジア地方で大繁殖し、3万年ほど前、北に移動を始めた。このグループの一派が約2万5000年前にはベーリング海峡を越え、1万5000年前までには南アメリカ最南端にたどり着いた。残ったグループが東アジアに達し、中国人をはじめとする東アジア人となった。弥生人はこのグループに属する。DNA解析からこのような人類の拡散が推定される。

 現代の日本人は中国人に近いグループに入っているので、これを見る限り、縄文人は日本人の祖先には思えないが、縄文人と現代の日本人のDNAのうち12%は共通である。このことより、縄文人の日本列島の流入時期は約4万年前ということになる。

 縄文人29体のDNAを佐賀医科大学で調べたところ、朝鮮半島1体、台湾1体、タイ1体で残り26体がシベリヤのブリヤート人と一致した。このことは、縄文人は、南方からの流入もあったが、そのほとんどは北からの流入であることを示している。

 また、縄文の形質を強く残すのがアイヌと沖縄人である。これは、弥生人が西日本を中心に多量に流入したためと考えられるが、逆に言えば、縄文人は北海道から沖縄まで交流が活発だったことを意味している。実際に共通の縄文系異物が広い範囲から見つかっており、縄文人の行動範囲は広大なものだったことが分かる。

 旧石器時代の実態

 長野県飯田市で竹佐中原遺跡が発掘調査された。この遺跡の4カ所の石器集中地点から800余点の遺物が出土した。石器包含層の堆積年代を自然科学分析(火山灰分析、植物珪酸体分析、炭素14年代測定法、光ルミネッセンス年代測定など)した結果、3万年より古く、5万年より新しいことが分かった。

 現在のところ、日本の旧石器で層位が間違いなく確認できる最も古いものは、4万年前のものである。日本列島に人類が上陸したのは4万年前と考えてよいであろう。

 日本列島の旧石器時代は、約4万年前に始まり、縄文時代へと移行する約16,000年前までの約24,000年間続いた。遺跡は北海道から沖縄まで約10,000ヵ所以上が確認されている。

 前半期前葉(40000〜33000年前)

 台形様石器と局部磨製石斧が代表的で、列島に広く分布している。地域色はまだ明瞭ではなかったようであるが、次第に縦に長い剥片を加工して尖らせたナイフ形石器が東日本を中心に見られ、大枠で西日本との違いが出始めた。

 前半期後葉(33000?29,000年前)

 石刃技法が確立して、石槍の発達が著しくなる。この傾向もやはり東日本で顕著であった。他方、近畿地方から瀬戸内地方ではそうした石刃技法よりも横長剥片剥離技術が採用されることが多く、その発展型である「瀬戸内技法」を生み出される。このころは台形様石器と局部磨製石斧が少なくなる。

 後半期前葉(29,000?23,000年前)

 29,000年前頃から、地球規模で急激に寒冷化が進行し、約25,000年前を前後する頃には最終氷期最寒冷期を迎えた。北海道は樺太および沿海州と陸続きとなり、大陸の動向と密接に連動している。この頃より長野県以北に荒屋型彫器という特徴的な細石器文化が広がるようになる。この文化は20〜30,000年前にバイカル湖周辺で発生し、中国東北部、朝鮮半島あたりを南限として北方アジア、アラスカまで広がっていた文化である。

 この細石器は石器の先進道具であり、小さなカミソリ状の石刃は大変鋭利で、これを骨や木に溝を彫り細石刃を嵌め込んで槍先として使ったと思われる。その槍先は使う度に刃が欠けたと思われるが、同じサイズの細石刃を補充して繰り返し使っている。

 津軽海峡は存在していたので、古本州島(陸続きになっていた本州・四国・九州と属島)とは異なる推移を辿っている。本州島では、細石刃を含む石器群が約23,000年前には製作・使用されるようになった。

 後半期後葉(約23,000?16,000年前)

 ほぼ最初から細かな狭い地域性が確立し、北海道を除くと、東北、関東、中部、近畿、瀬戸内、九州などの区分ができる。それぞれの地域では石器の様式性が著しく発達した。これらの石器を製作するための材料である石材もまた、その地域ごとに異なる産地のものが利用される傾向が強くなる。クサビ形は中国東北部から当時は地続きの北海道を通じて東日本を中心に広がり、角錐状や船形は中国南部から直接九州に伝わってきたようである。
 滞在・居住場所が河川流域へ集中するようになり、その数自体も急増してきた。人口が増加したと考えられる。
 終末期には、北海道にだいぶ遅れて古本州島にも細石刃石器群が展開する。それは北海道から東北日本にかけてと中部・関東以南から九州にかけての西日本にかけての大きく2地域に分かれた地域色がある。

 縄文時代の到来

 最終氷期の約2万年前の最盛期が過ぎると地球規模で温暖化に向かった。それまでは、針葉樹林が列島を覆っていたが、西南日本から太平洋沿岸伝いに落葉広葉樹林が増加し拡がっていき、列島の多くが落葉広葉樹林と照葉樹林で覆われ、コナラ亜属やブナ属、クリ属など堅果類が繁茂するようになった。北海道はツンドラが内陸中央部の山地まで後退し、亜寒帯針葉樹林が進出してきた。温暖化による植生の変化は、マンモスやトナカイ、あるいはナウマンゾウやオオツノジカなどの大型哺乳動物の生息環境を悪化させ、約1万年前までには、日本列島から、これらの大型哺乳動物がほぼ絶滅してしまった。

 このような環境変化の中で人々の生活も大きく変わった。石器においては、大型の磨製石斧、石槍、植刃、断面が三角形の錐、半月系の石器、有形尖頭器、矢柄研磨器、石鏃などが、この期に出現した。使われなくなっていく石器群、新しく出現する石器群が目まぐるしく入れ替わった。

 この時期は、遺跡によって石器群の組み合わせが違う。急激な気候の変化による植生や動物相、海岸線の移動などの環境の変化に対応した道具が次々に考案されていったようである。狩猟・植物採取・植物栽培・漁労の3つの新たな生業体系をもとに生産力を飛躍的に発展させた。

 旧石器時代の人々は、キャンプ生活・遊動生活を営みながら頻繁に移動生活を繰り返してきた。旧石器時代から縄文時代への移行期である草創期には一時的に特定の場所で生活する半定住生活を送るようになっていた。この頃(16000年前)最初の縄文式土器が作られるようになった。縄文早期になると定住生活が始まった証しである。

 縄文早期初頭

 鹿児島市にある加栗山遺跡では、16棟の竪穴住居跡、33基の煙道つき炉穴、17基の集石などが検出されている。この頃の遺跡は竪穴住居跡の数の大幅な増加、住居の拡張、重複した住居跡、これらの住居跡やその他の遺構が中央広場を囲むように配置されている事が多い。この頃には、大規模の定住集落が形成されてきたと推定される。

 縄文早期

 植物質食料調理器具である石皿、磨石、敲石、加熱処理具の土器も大型化、出土個体数も増加する。定住生活には、植物質食料、特に堅果類が食料の中心になっていたと想像されている。定住的な生活をするようになった人々は居住する周辺の照葉樹林や落葉樹林を切り開いたことにより、そこにクリやクルミなどの二次林の環境を提供することとなった。定住化によって、縄文人は、集落の周辺の下草にも影響を与えた。これは、ワラビ、ゼンマイ、フキ、クズ、ヤマイモ、ノビルなどの縄文人の主要で安定した食料資源となった。有用植物が繁茂しやすい雑木林という新しい環境を創造したのである。2013年、福井県鳥浜貝塚から世界最古級(約11000?15000年前)の調理土器が発見され、サケなどの魚を調理していたことがわかった。

 この時期の土器は北東アジア系、華北・華中系、華南系の3系統に分けられており、分布面から見ると北東アジア系は北海道から東日本に、華北・華中系は西日本、華南系は南日本から出土している。これらの地域で人々の移動があったことが伺われる。

 縄文前期〜中期

 縄文前期から中期にかけては最も典型的な縄文文化が栄えた時期であり、現在は三内丸山遺跡と呼ばれる場所に起居した縄文人たちが保持していたのも、主にこの時期の文化形式である。海水面は縄文前期の中頃には現在より3mほど高くなり、気候も現在よりなお温暖であった。この時期のいわゆる縄文海進によって沿岸部には好漁場が増え、海産物の入手も容易になった。

 縄文時代前期から中期にかけての時期は温暖な時期であり、中期末の今から4500年前ごろには縄文人の人口はピークの30万人程度に達していたと思われる。ところが、このころを境に気候が寒冷化し、人口も徐々に減っていった。縄文時代末期には7万人ほどになっていたと推定されている。

 縄文後期

 縄文後期に入ると気候は寒冷化に向かい、弥生海退と呼ばれる海水面の低下がおきる。関東では従来の貝類の好漁場であった干潟が一気に縮小し、貝塚も消えていくこととなった。一方、西日本や東北では新たに低湿地が増加したため、低湿地に適した文化形式が発達していった。中部や関東では主に取れる堅果類がクリからトチノキに急激に変化した。その他にも、青森県の亀ヶ岡石器時代遺跡では花粉の分析により、トチノキからソバへと栽培の中心が変化したことが明らかになっている。その結果、食料生産も低下し、縄文人の人口も停滞あるいは減少に転じる。

 日本人の誕生

 頭骨と歯の特徴から、現在の日本人は、縄文人と、弥生時代以降に大陸から渡ってきた渡来人が混血して形成されたと、されていた。今回の核DNA解析によって、国立科学博物館の神沢秀明研究員は「日本人が、縄文人と弥生系渡来人の混血という説が、DNA解読でも裏付けられた」としている。

 縄文末期の7万人ほどの縄文人と、弥生時代に大量に日本列島に上陸した弥生人との混血によって今の日本人が形成されたと考える。通常全く異なる人種が同じ地域に住んでいると、互いに争い、一方が他方を追い出すか、絶滅させるかということが起こるのであるが、日本列島ではほぼ完全な混血が起こっていることになる。

 これは、飛騨王朝に始まる縄文王朝と、弥生人が作った国が平和裏に統一されたということを裏付けるものである。大和朝廷の天皇が縄文人と弥生人の混血だからこそ、一般庶民に縄文人と弥生人の混血が抵抗なく受け入れられたのではないかと考えている。

 ここで、縄文人のDNAが12%になるための条件を単純計算をしてみる。

 BC500年に縄文人が7.6万人で、毎年弥生人が毎年n人流入し、縄文人、弥生人の人口増加率をそれぞれx1,x2とした時、AD250年に人口350万人で、縄文のDNA率が12%となる条件を探ってみた。

 この条件では縄文人の人口増加率は直接計算できて0.23%となった。遺跡分布から弥生人の毎年の流入数は50〜100人程度と推定されている。流入数が毎年50人とした時の弥生人の人口増加率は0.84%、毎年100人流入したとすると、0.72%であった。

 実際は人口増加率も流入数も一様ではないのでこれはあくまでも単純計算であるが、十分にありうる数値が求められた。 

 トップへ  目次へ 
飛騨国の誕生
関連 饒速日尊飛騨国訪問
味鋤高彦根命誕生
出雲王朝誕生