賀茂氏の正体

賀茂氏の系図の謎

 葛城地方の神々の名が他地方の神々と大きな矛盾を呈していることが特徴である。言代主命は出雲の神であり、そのほかの神々も出雲中心の神々である。  味耜高彦根命・下照姫命・事代主命・高照姫命はオオクニヌシと素盞嗚尊・日向津姫の娘である三穂津姫との間にできた子である。 本来大和とは縁のない存在のはずである。この謎を解明するために、賀茂一族の系図を調べてみることにする。

 ① 古代豪族系図集覧
                           ┏━鴨建玉依彦命
   神皇産霊尊━━天神玉命━━天櫛玉命━━鴨建角身命┫
                     (八咫烏) ┗━玉依姫命━━賀茂別雷命
                    (三島溝杭耳命)

 ② 高魂命━━━━伊久魂命━━天押立命━━陶津耳命━━━玉依彦命
         (生魂命) (神櫛玉命)(建角身命)        
                    (三島溝杭耳命)
 この2系図は同系統の系図のようである。伊久魂命=天活玉命=天神玉命と考えられる。この神は高皇産霊神の子で、饒速日尊と共に天孫降臨した人物である。そうすれば、神皇産霊尊=高魂命=高皇産霊神となる。天活玉命は饒速日尊と共に降臨した後、葛城の高天山に降臨している。
 三島溝杭耳命は三島鴨神社に次のように伝えられている。
  ③ 三島鴨神社
    大山祇神━━三島溝咋耳命━━三島溝杙姫┓
                       ┣━姫鞴五十鈴姫
                  事代主神━┛
  ④ 溝咋神社
                       ┏━天日方奇日方命
          溝咋耳命━━━━玉櫛媛命━┫
                       ┗━媛蹈鞴五十鈴媛命

 一方饒速日尊(大物主神)系統は次のように伝えられている。

⑤ 古事記    
  大物主━━櫛御方命━━飯肩巣見命━━建甕槌命━━意富多多泥古   

⑥ 日本書紀    
  大物主命━━大田田根子   

⑦ 先代旧事本紀
      ┏━都味歯八重事代主神━━天日方奇日方命・・・・(5世略)・・・大田々禰古命
  大国主命┫
      ┗━味鋤高彦根神   

⑧           ┏━天八現津彦命━━観松比古命━━建日別命
  大国主命━━事代主命┫
            ┗━天日方奇日方命(三輪君祖)

⑨ 大国主━━味鋤高彦根命━━天八現津彦命━━観松彦伊呂止命

⑩ 賀茂一族系図(三輪高宮家系譜)

 建速素盞嗚命━━大国主命━━都美波八重事代主命━━天事代主籖入彦命━━奇日方天日方命・・・
       (和魂大物主神) (猿田彦神)     (事代主神)
       (荒魂大国魂神) (大物主神)     (玉櫛彦命)

 ここまでのさまざまな系図を、矛盾が最小限になるようにつなぎ合わせると次のようになる。

 天活玉命の孫に鴨建角身命がいる。鴨建角身命は飛騨王家の系統の人物と推定している。天活玉命は飛騨王家の系統の人物ということになる。

                 ┏━玉依彦━━五十手美命━━━━麻都躬之命
 神皇産霊神━天櫛玉命━鴨建角身命┫
       (大山祇)     ┗━玉依姫┓┏天日方奇日方命━━飯肩巣見命━建甕尻命
                      ┣┫ (賀茂別雷命)
                 ┏玉櫛彦命┛┗媛蹈鞴五十鈴媛命┓ 
                 ┃(事代主)         ┣綏靖天皇
                 ┃          神武天皇┛
                 ┃
  素盞嗚尊━━饒速日尊━━━━━╋積羽八重事代主━天八現津彦命━観松彦伊呂止命
                 ┃
                 ┗下照姫

賀茂氏始祖伝承によると 天神魂命――櫛玉命――天八咫烏(鴨建角身)の系図である。天神魂命は天神玉命とも云う。神魂とは神皇産霊神の別名でもある。

 天活玉命について

 祭神として祀られている神社は富山県東砺波郡井波町高瀬の高瀬神社及び石川県羽咋市寺家町の気多神社ぐらいしか見当たらない。神社伝承を頼りにこの神の実態を探ることはできないので、子孫の行動をもとに推定してみることにする。

 二人の子がいるが1人は天神立命で、この子孫が葛城氏・賀茂氏となっている。今一人の天三降命の子が宇佐津彦である。宇佐津彦は神武天皇が東遷時宇佐にやってきた時に天皇を歓待している。饒速日尊のマレビトとなる前に宇佐地方を統治していたとおもわれる。

 天活玉命は葛城氏の祖となっている。葛城氏は葛城山の高天彦神社を始原とし、この神社は高皇産霊神を祀っている。この神社周辺は高天原と呼ばれている。天活玉命は饒速日尊と共にマレビトとして大和国にやってきた。天活玉命の任地は葛城地方だったのであろう。

 天活玉命の孫に鴨建角身命がいる。鴨建角身命は飛騨王家の系統の人物と推定している。天活玉命は飛騨王家の系統の人物ということになる。

 天活玉命の系図を示すと下のようになる。

           ┏━天神立命━━陶津耳命
       天活玉命┫      (鴨建角身命)
           ┗━天三降命━━宇佐津彦

 宇佐津彦は神武天皇と同世代であり、鴨建角身命は2世前であり、上の系図では世代が合わない。天神立命は別命天背男命とも呼ばれており、饒速日尊の天孫降臨時阿波に降臨した天日鷲命の父である。また、天活玉命は饒速日尊と共に天孫降臨に参加している。このように天活玉命関係の系図は年代が全く一致しないのである。

 他の伝承より鴨建角身命の生誕時期はAD10年頃であり、天孫降臨はAD25年頃である。天活玉命と鴨建角身命は1世ほどの差でなければならない。よって、天活玉命を神皇産霊神の子である天櫛玉命(大山祇命)と同一人物と判断する。

 トップへ  目次へ 
高皇産霊神の正体
関連 饒速日尊飛騨国訪問
味鋤高彦根命誕生
饒速日尊の子供たち
飛騨国との交渉
賀茂一族の誕生